闇鍋高校

曲線と曲線の接するブログ Twittter:@Yaminabe1777

今欲しいもの

どうもカクゼツです。最近湿気が多くてレンズが心配になる季節ですね。そんなことも気にしないで今欲しいものについて話していきます。

canon 50mm f1.8

f:id:yaminabe1777:20180710005107j:plainキヤノン キャノン 50mm F1.8 純正40mm SL39.3Cフィルター、フード付 【ライカLマウントレンズ】 カメラのヤマゲン:カメラファン | 中古カメラ・レンズ検索サイト/欲しい中古カメラが見つかる!

 名前だけ見て今のキャノンの撒き餌レンズを想像した人が大半だと思いますが、私が欲しいのはLマウントの方です。このレンズが作られたのは、カメラと言ったらライカという時代の中、キャノンがライカに追いつこうと奔走していた頃です。ボディーはすでに持っていて、キャノンがライカを抜いたと言われるⅣSbの純正革ケース付きです。まあこの後M型が出てまた一気に置いてかれるんですけどね

        f:id:yaminabe1777:20180710010046j:plain

 この頃のキャノンは自社のレンズにSerenar銘をつけていましたが、このレンズの途中からcanon銘に変更されます。しかし中身は変わらず4群6枚のガウス型です。

ガウス型の欠点とされていた、コマ収差の影響によるフレアの発生を抑えることに成功した、近代光学史にその名を残す名作レンズ。このレンズでの理論展開により、大口径化された高性能の広角系、望遠系レンズが次々に誕生した。

https://global.canon/ja/c-museum/product/s18.html

 こうキャノン公式のHPのカメラミュージアムに書いてあります。またいろいろな人の作例を見ているといいレンズなんだなあとしみじみ感じます。またこのレンズを買わないとこのボディが使われることなく防湿ケースで眠ることになるので可及的速やかに買う必要があります。ただLマウントのレンズは他にも本家ライカのエルマーやズミクロンは言わずもがな、日本光学(現ニコン)やロシアンも気になります。

 今までいろんなこと書いてきましたやっぱりかっこいいのが一番の理由です。これに勝てる理由はありません。あんなバルナック使っている高校生とかカッコ良くないですか?フルマニュアルですよ?レンジファインダーですよ?カッコ良くないわけがないですよね。

AV-1

    f:id:yaminabe1777:20180715085643j:image

私はすでに一台持っていて、いま私が欲しいのはブラックペイントのAV-1です。このカメラは不遇なカメラと言えるでしょう。このカメラはA-1やAE-1などと同じ時期に発売されました。A-1なんかはカメラ博物館に収蔵されるぐらい有名で名高いカメラですよね。ただこのAV-1の名前が出ることは少ないです。キャノン公式のカメラミュージアムをみるとAE-1のところには

1976年4月、後に世界規模で大ヒットしたAE-1が、多くの期待を担いつつ発売された。

AE-1 - キヤノンカメラミュージアム

 とあります。なんて言うか自信満々ですよね。では今度はAV-1の方を見てみましょう。

そのような市場の背景から、海外販社からも絞り優先式AE機を望む声が多く寄せられており、その期待に応えざるを得なくなり開発されたのがAV-1であった。

AV-1 - キヤノンカメラミュージアム

なんて言うかすごいですよね。海外から絞り優先を作れって要望がきたから作ってやったみたいな感じですごい渋々な感じです。ただそこは天下のキャノン、実際のカメラの作りはしっかりしていて使っていて露出を外したことはないです。自分にとって絞り優先は使いやすく、またコンパクトなボディーが好きです。

 

このブログについて

yaminabe1777.hatenablog.com

twitter.com