闇鍋高校

曲線と曲線の接するブログ Twittter:@Yaminabe1777

ポエトリーラップを広めたい

どうもこんにちはカクゼツです。いきなりですがみなさんラップは聞きますか。私は聞きます。ただ、おそらくみなさんが想像してるようなイケイケのビートに乗って、韻をがっつり踏んで、ズンチャカするヒップホップではなくて、ポエトリーリーディングというジャンルのラップです。私はいわゆるヒップホップのラップも好きで聞きますが、時々疲れてきてしまうことがあります。そんな時に聞くと落ち着くポエトリーの魅力について今回は三人のラッパーを通して紹介していきます。

まずポエトリーラップとは何か

 ポエトリーラップを知っている人は少ないと思います。簡単にいうと詩をピアノやギターなどの音楽にのせてラップすることです。ヒップホップと違う点は、何か世の中に不満を持っていたり、誰かを誹謗中傷するのではなく、日常のありふれた風景や自分の感じていることを優しいトラックにのせて語りかけるように歌っていることです。

不可思議/wonderboy

   

www.youtube.com

 私はこの曲を聴いて初めて音楽で泣きました。マジで。それくらいこの曲を初めて聴いたときの衝撃は凄まじかったです。そしてこれを歌っている不可思議/wonderboyは今はもういません。2011年に亡くなっています。そしてこのpelliculeへのアンサーとして友人のラッパーの神門が歌ったのがこれです。

    www.youtube.com

 不可思議/wonderboyとの思い出を歌っていて、ところどころ不可思議/wonderboyの曲の歌詞が入ってたり、路上ライブで言っていたことなどを入れていたりしてい不可思議/wonderboyと神門との友情が感じれます。また泣けます。この他にも不可思議/wonderboyは”生きる”や”ロックンロールは鳴り止まない”などのほかの生きることへの希望を歌った曲もあります。人生に疲れたら聴いてみてください。 

神門

 さっきのwonderboyの紹介でもでた神門ですが、pellicule以外にも名曲がたくさんあります。

     www.youtube.com

 この曲は活動休止の後に発表された曲です。親族のお葬式やその前後の他の親族などとの関係などを曲にしていったものです。なんか淡々としてるんですけどその中にもなんか感情がこもってる気がします。

tower.jp

 このアルバムは活動休止前のアルバムです。私はYouTubeに違法アップロードされていたものを見てしまいました。そしてその曲が入っているアルバムをそのままアマゾンでポチりました。それぐらい強烈でした。”夢をあきらめて現実を生きます”この曲は最初は公務員を目指しているが挫折し、ラッパーとして生きていくといった決意を歌った曲です。

 

MOROHA

    www.youtube.com

 MOROHAはラッパーのアフロとギターのUKで構成されたラップグループです。アコギ一本にラップというシンプルな構成ですが、MOROHAから受ける迫力と言うか熱量は半端じゃないです。初めて聴いた時に今まで聴いたどんな歌手よりも歌詞が伝わってきて、そしてその歌詞も一個一個が重くて、なんて言うかもう聞くのにも体力を使う感じでした。でも一曲聞き終わった後には疲れよりも衝撃の方が大きかったです。歌詞が凄まじくパワフルで、上の”三文銭”の中からパンチラインを探そうとしてももう全部がパンチラインでやばいです。この他にも”革命”や”tomorrow”など名曲揃いです。

    www.youtube.com

    www.youtube.com

まとめ

 人生に疲れた時や人間関係がうまくいかなかった時などに聞くと泣けます。びっくりするぐらい泣けます。そしてなんとなく元気が出ます。なので一回聞いてみてください。心に余裕がある時に聞くと歌詞の一つ一つが聞き取れてまた泣けます。

 

このブログについて

yaminabe1777.hatenablog.com

Twitter

主にブログの宣伝、記事にならなかった小話をつぶやく予定です。